リサイクルトナーは多種類

リサイクルトナーは使用済みのトナーカートリッジを回収し、リサイクル工場で分解、清掃、部品交換、トナー充填、印刷テストといった工程を経て、再び使用可能な状態にしたものです。
構造自体は純正品と同じといっても良いのですが、使い終わったトナーを修理・加工などをほどこしており、細かな部分では形状が異なる場合もあります。
なお、カートリッジを使い捨てせずリサイクルされているため、地球環境にやさしい製品でもあります。

また、リサイクルトナーは純正トナーと比較して安価であり、たくさんの個人や企業などが使っています。
ただ、メーカー別に特徴に違いがあるため、そのことをよく知ったうえで買い求めることが大切です。
とくに買い求めたあとのサポートや製品の品質は、製造が行なわれている工場や販売している事業者ごとに差があります。

そのほか、リサイクルトナーは純正トナーと比較して不良が出やすいです。
製品の保証やサポート、満たしている品質管理基準、生産地などをチェックし、条件の良いショップで購入することが大切です。
上手に選べばトナーにかかるコストを大幅にカットし、純正品に負けないクオリティのリサイクルトナーを使用することが可能です。
さらに保証が充実しているところと取引をすることで、もし不具合が起こった場合の修理や交換、返金に応じてくれます。
リサイクルトナーは純正トナーより印字の不鮮明などのトラブルが起こりやすいため、保証が厚いショップを選ぶことは非常に重要です。

Copyright © 2014 賢くリサイクルトナーを選ぶためのポイント All Rights Reserved.