借地権の内容とは?

借地権とは、他人の持っている土地を建物を所有するために借りる権利を指します。
賃貸の大家などは、不動産のオーナーになる際に、地主から土地を借りて建築物を持つというのが普通です。
土地を買ってしまって一括で所有権を得てしまうのは楽ですが、購入費用を賄う点ではハードルの高い話となります。
個人で大家になるのであれば、土地は買わずに借りてしまった方が幾分か障害がなくなり、費用がギリギリであっても不動産のオーナーとなれます。
ですから、借地権を得るのがアパートやマンションでは定番となります。
その中で度々議論されるのが、適応される権利の範囲です。
地主から土地を借りただけで、あらゆるものが自由に使える訳ではありません。
ここでは、何故土地が必要になったのかが議論の対象となります。

冒頭では、不動産のオーナーになるために借地権を得ることを説明しました。
端的な目的は、建物をつくりその持ち主になることです。
他に目的があるとすれば、何があるでしょうか。
電柱を立てたり、田畑を耕して作物を育てるなどもあります。
また、権利の及ぶ範囲は有償か無償かにも関わってきます。
代金を支払っていれば、借りていることを意味する賃貸借に適応されて利害関係が生まれます。
代金の支払いがなければ、賃貸借自体が成立しません。
そして、借地権の前提となる建物利用が目的とならない限り、借地権の及ぶ範囲には含まれないと考えるのが法律上の定義となります。


☆注目情報
借地権付きの不動産や建物の査定を無料で行ってくれるサイトです⇒ 借地権 査定

Copyright © 2014 借地権で良くあるトラブルといえば? All Rights Reserved.